プログラミング教育

レゴブーストで使うプログラミングブロックの説明【オートビルダー編】

プログラミング  ブロックの説明 【オートビルダー】

こんにちは、けしもちです。

けしもち家では、レゴ©のレゴブーストを使って自宅で楽しくプログラミング教育をしています。

レゴ©ブーストがあれば、親にプログラミングの知識がなくても簡単にプログラミングの基礎を始められるのでおすすめです。

今回は、レゴ©ブーストで使用するプログラミンブロック(アイコンと呼んでいる人もいるようです)について説明します。

 

ちなみに、過去にもレゴ©ブーストのプログラミンブロック関連記事を書いていますので参考にしてください♪

 

第2弾は、オートビルダーのプログラミンブロックです♪

オートビルダーというのはこいつのことです⇓⇓

アプリでプログラミングをすることで、ブロックでミニバーニーを自動または手動で作れちゃうのです。

このモデルだけで、プログラミングと製造をプチ体験できるなんてレゴ©さん、まじスゴイですね♪

このモデルで使われるプログラミングブロックはこちら⇓⇓

レゴブーストプログラミングブロックの説明【フローブロック】お馴染みのフローブロックです

 

※解説① フラッグブロックはどう使う??

フラッグブロックについて簡単に説明しますと、イメージは「ワープ」です。

  1. フラッグトリガーで個別のプログラムを作ります。
  2. フラッグ呼び出しでフラッグトリガーのプログラムをスタートさせます。

ポイント①:フラッグトリガーでは複数の異なるプログラムを作ると良いです。

ポイント②:フラッグ呼び出しでは変数ブロックを使用すると面白いです。

文字だと分かりにくいので、下の図を参考にしてみてください。

フラッグブロックの説明
レゴブーストプログラミングブロックの説明【センサーブロック】カラーセンサーでも動かせます

 

レゴブーストプログラミングブロックの説明【動作ブロック】動作ブロックも色々あります。
レゴブーストプログラミングブロックの説明【動作ブロック】
レゴブーストプログラミングブロックの説明【サウンドブロック】音も出せますよ。ミニバーニーを完成させて歓声を付けたしましょう!

 

レゴブーストプログラミングブロックの説明【アクションブロック】これを使えば、オリジナルミニバーニーを作ったりできます。
レゴブーストプログラミングブロックの説明【変数ブロック】
レゴブーストプログラミングブロックの説明【インタラクションブロック】ベルトコンベアを左右に自由に動かすこともできます。

 

 

今回もレゴ©ブーストのプログラミンブロックについて紹介しました。

今後もたくさんあるプログラミンブロックを紹介していきますので、ご期待くださいませ♪

 

ABOUT ME
けしもち
ソラミレ!運営者のけしもちです。 標準語が話せる関西人を自称している30代。 陽気な相方と、小学生と幼稚園の元気すぎる女子2人の4人で家族してます。 得意の英語、教育を中心にITガジェットや日用品など色々なことを記事にしております。 興味を持ってくれた方は、”プロフィール”のページをご覧ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。