プログラミング教育

レゴブーストで使うプログラミングブロックの説明【MTR4編】

レゴブーストで使うプログラミングブロックの説明【MTR4編】

こんにちは、けしもちです。

けしもち家では、レゴ©のレゴブーストを使って自宅で楽しくプログラミング教育をしています。

レゴ©ブーストがあれば、親にプログラミングの知識がなくても簡単にプログラミングの基礎を始められるのでおすすめです。

 

今回も、レゴ©ブーストで使用するプログラミンブロック(アイコンと呼んでいる人もいるようです)について説明します。

ちなみに、過去にもレゴ©ブーストのプログラミンブロック関連記事を書いていますので参考にしてください♪

 

第3弾は、MTR4のプログラミンブロックです♪

MTR4というのはこいつのことです⇓⇓

 

MTR4は”マルチツールローバー4”の略で、フォークリフトのようにモノを持ち上げることができる車両です。

キャタピラーを使った移動はもちろん、カラーセンサーや距離センサーなど利用して、リフトを使ってモノを持ち上げたり降ろしたり、ロケットを発射したりと、プログラミングの醍醐味を存分に味わえます!

このMTR4で使われるプログラミンブロックはこちらです!⇓⇓

レゴブーストプログラミングブロックの説明【フロー】レゴブーストプログラミングブロックの説明【センサー】レゴブーストプログラミングブロックの説明【動き】 レゴブーストプログラミングブロックの説明【動作】 レゴブーストプログラミングブロックの説明【動作2】レゴブーストプログラミングブロックの説明【音】
レゴブーストプログラミングブロックの説明【インタラクティブ】下の2つのプログラミンブロックについては、下記の解説②を参考にしてください

 

レゴブーストプログラミングブロックの説明【変数】

 

解説① フラッグブロックはどう使う??

フラッグブロックについて簡単に説明しますと、イメージは「ワープ」です。

  1. フラッグトリガーで個別のプログラムを作ります。
  2. フラッグ呼び出しでフラッグトリガーのプログラムをスタートさせます。

ポイント①:フラッグトリガーでは複数の異なるプログラムを作ると良いです。

ポイント②:フラッグ呼び出しでは変数ブロックを使用すると面白いです。

文字だと分かりにくいので、下の図を参考にしてみてください。

フラッグブロックの説明

 

解説② カウントダウンと回復プログラムの使い方

レゴブーストプログラミングの例

 

 

今回もレゴ©ブーストのプログラミンブロックについて紹介しました。

今後もたくさんあるプログラミンブロックを紹介していきますので、ご期待くださいませ♪

 

ABOUT ME
けしもち
ソラミレ!運営者のけしもちです。 標準語が話せる関西人を自称している30代。 陽気な相方と、小学生と幼稚園の元気すぎる女子2人の4人で家族してます。 得意の英語、教育を中心にITガジェットや日用品など色々なことを記事にしております。 興味を持ってくれた方は、”プロフィール”のページをご覧ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。