ITガジェット

AirMac Express をApple以外の無線LANルーターの中継機として使う方法

AirMac Express

こんにちは、けしもちです。

以前は、家のネットワークのメイン無線LANルーターとしてAirMac Expressを使用していました。

現在は、eo光の5ギガ回線を契約したので、ルーターもグレードアップして、eo光の多機能ルーター(10G対応)をレンタルしています。

※eo光の5ギガ回線と多機能ルーターはとても快適なので、いずれレビューしますね!

eo光多機能ルーター(10ギガ対応)は、Wi-Fiの新規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi6)にも対応しているので、最新のiPhoneやアンドロイドスマホなら体感できるほどのスピードアップも可能です。

しかし、自宅2階のベッドルームでは若干電波が弱かったので、中継機の導入を検討したところ、引退したAirMac Expressを中継機として使用できることが分かりました!

セットアップしたところ、めちゃくちゃ快適になりましたので設定報告を簡単にお伝えします。

AirMac 中継機化計画

使用したもの

  • eo光多機能ルーター
  • AirMac Express 802.11n (第2世代)
  • iMac 21.5inch 2015年 (OSバージョン macOS Catalina)
  • AirMacユーティリティ

準備

1:ネットワークを拡張させたい場所にAirMac Expressをセットし、電源を入れる。

2:背面にあるリセット用の小さなボタンを先の尖ったものでオレンジランプが早点滅するまで長押しして手を離す⇒リセット

AirMac Express右端の上下に並んでいる2個の丸の上がリセットボタンです

設定

1:MacでAirMacユーティリティを立ち上げる

MacでAirMacユーティリティを起動すると、左上の「その他のWiFiデバイス(1)」が表示されます。クリックして自分の「AirMac Express 〇〇〇」をクリック。

AirMac Express
2:AirMac Expressを既存のネットワークに追加する

下記のような画面「このAirMac Expressでネットワークを作成します」が出たら、無視して、左下の「その他のオプション」を選択します。

AirMac Express

4つの選択肢の中から、「既存のネットワークに追加」を選択します。

AirMac Express

接続先のところを、現在形成しているネットワークを選択します。

AirMac Express

「ベースステーション名」、「パスワード」を設定するように言われますので、何かしら名前を付けてパスワードを設定します。

AirMac Express

接続完了画面になればOK

AirMac Express

まとめ

2階のベッドルームでは、通信環境がいまいちで、ダウンロード(下り)が3~60Mbpsしか出ていなかったのが300Mbpsに、アップロード(上り)が3~80Mbpsだったのが、200Mbpsに爆上げされましたwww

最新でもなんでもないAirMac Expressで、すでに引退してメルカリ行きを待っていたのですが、中継機として使えるなら、ということで大復活です。

メルカリなどで探せば3000円せずに買えると思いますので、中継機をお探しの方は超おすすめですよ。

 

ABOUT ME
けしもち
ソラミレ!運営者のけしもちです。 標準語が話せる関西人を自称している30代。 陽気な相方と、小学生と幼稚園の元気すぎる女子2人の4人で家族してます。 得意の英語、教育を中心にITガジェットや日用品など色々なことを記事にしております。 興味を持ってくれた方は、”プロフィール”のページをご覧ください。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。